総量規制の設計思想について

法律というのは、何か設計をするときに思想、目的があります。それこそが設計思想であり、何を目的にしているのかがわかります。規制することにおいてもそれははっきりとしており、原則としては規制は少しでも減らそうとするのが近代の法律の基礎ではありますが、それでも社会風紀のために規制することは多々あります。その一つが総量規制であり、これは端的にいってしまえば年収の三分の一以上の借り入れ、或いは貸し付けを禁止する規制となっています。設計思想としては、貸金需要者の借りすぎ、貸金業者の貸し付けすぎを抑えることが目的になっています。無人貸付機などの登場によって、かなり借りるための心理的なハードルが低くなってきたという社会的な風潮があり、これが問題になったわけです。借りること自体は自由であるべきですが、これにも一定の制限をつけないとまずい状態になりつつあったわけです。総量規制とは貸金業者への掣肘でもあるわけです。いざという時にキャッシングやカードローンなどで借りることができるのは、相当に有難いサービスといえますが借りすぎることはよくないです。自制心があればよいですが、ない人もいますから、一定の制限を強制的につけたわけです。

キャッシングの総量規制と何なのか

総量規制とは何なのか、ということをいまいち理解していない人がいます。物凄く簡単にいってしまうと貸金業としてお金を貸している業者に対する規制です。或いは借りる人の規制ともいえますが、考え方としては業者に対して規制をした、という認識でよいです。これはいくらかの例外はありますが、キャッシングなどでお金を借りるときにはその人の年収の三分の一まで、という規制になります。どうしてこんな規制をしたのか、といいますとあまりにも借りる人が多くて社会問題になったからです。消費者金融業界の繁栄期に物凄い金額の貸し付けをしていたこともあり、これはさすがに規制をしたほうがよいだろう、ということで国が規制に乗り出したわけです。ちなみに貸金業として、というところにポイントがあります。つまりは貸金業法が適用される業者に関しては規制を受けることになりますが、銀行は別です。これは銀行が銀行法が適用されて運営されているからであり、要するに銀行系のカードローンなどは総量規制外、となります。やや片手落ちな状況であると非難されることもありますが、銀行系はかなり審査が厳しく、そこまで大金を貸すことは少ないと判断されているからでもあります。

誰でも借りれるのカードローンって?

 カードローンを作りお金を借りようと考えたことはありませんか。その様な中で、今から借りようと思う人は、知っておくと良いことを紹介したします。 一つ知っておくと良いこととして、総量規制というものがあります。これは、貸金業法で個人の総借入額が年収の1/3までに制限されるというものです。具体的にいうと、年収300万円の人は、100万円までしか借りれないというものです。貸金業者は、申し込みがあると、指定信用情報機関に照会をかけ、個人の借り入れを把握します。では、なぜ、このような規制ができたかというと、消費者金融による無秩序な貸出が増加したためです。その人の年収からして、到底返せない額を貸し出し(何社も)、結果、個人が自己破産や自殺に追いやられたケースが多発し、この規制が作られました。 しかし、総量規制の対象は、消費者金融、信販会社、クレジット会社となっています。そのため、銀行などのカードローンは規制の対象外となっています。しかし、一般的に銀行でカードローンを申込みする場合は、商品や金額にもよりますが、所得証明を提出し、所得確認を行うことが多く、規制対象である消費者金融などでの借り入れと比較するとハードルは高くなります。しかし、一部銀行などでは、少額のカードローンについては所得確認を行わなかったり、主婦等、無職でも申込み可能なものもあります。 ぜひ、これらを知ったうえで、申し込みを考えてください。