カードローンを作りお金を借りようと考えたことはありませんか。その様な中で、今から借りようと思う人は、知っておくと良いことを紹介したします。 一つ知っておくと良いこととして、総量規制というものがあります。これは、貸金業法で個人の総借入額が年収の1/3までに制限されるというものです。具体的にいうと、年収300万円の人は、100万円までしか借りれないというものです。貸金業者は、申し込みがあると、指定信用情報機関に照会をかけ、個人の借り入れを把握します。では、なぜ、このような規制ができたかというと、消費者金融による無秩序な貸出が増加したためです。その人の年収からして、到底返せない額を貸し出し(何社も)、結果、個人が自己破産や自殺に追いやられたケースが多発し、この規制が作られました。 しかし、総量規制の対象は、消費者金融、信販会社、クレジット会社となっています。そのため、銀行などのカードローンは規制の対象外となっています。しかし、一般的に銀行でカードローンを申込みする場合は、商品や金額にもよりますが、所得証明を提出し、所得確認を行うことが多く、規制対象である消費者金融などでの借り入れと比較するとハードルは高くなります。しかし、一部銀行などでは、少額のカードローンについては所得確認を行わなかったり、主婦等、無職でも申込み可能なものもあります。 ぜひ、これらを知ったうえで、申し込みを考えてください。