総量規制とは何なのか、ということをいまいち理解していない人がいます。物凄く簡単にいってしまうと貸金業としてお金を貸している業者に対する規制です。或いは借りる人の規制ともいえますが、考え方としては業者に対して規制をした、という認識でよいです。これはいくらかの例外はありますが、キャッシングなどでお金を借りるときにはその人の年収の三分の一まで、という規制になります。どうしてこんな規制をしたのか、といいますとあまりにも借りる人が多くて社会問題になったからです。消費者金融業界の繁栄期に物凄い金額の貸し付けをしていたこともあり、これはさすがに規制をしたほうがよいだろう、ということで国が規制に乗り出したわけです。ちなみに貸金業として、というところにポイントがあります。つまりは貸金業法が適用される業者に関しては規制を受けることになりますが、銀行は別です。これは銀行が銀行法が適用されて運営されているからであり、要するに銀行系のカードローンなどは総量規制外、となります。やや片手落ちな状況であると非難されることもありますが、銀行系はかなり審査が厳しく、そこまで大金を貸すことは少ないと判断されているからでもあります。